Vライン脱毛なら絶対に脱毛サロンよりも家庭用脱毛器が良い理由

脱毛器エピローグ

気になるデリケートゾーンの脱毛にこそ家庭用脱毛器がおすすめの理由

理由1
他人にアソコを見られる恥ずかしさがない

脱毛サロンや医療クリニックで脱毛する場合の最大の懸念は「恥ずかしい」ということ。相手はプロとはいえ、自分のアソコを見られるのはやっぱり恥ずかしいものです。家庭用脱毛器ならそんな恥ずかしい思いをしないで済みます。

理由2
毛周期に合わせてきっちりと脱毛できる

ミュゼや銀座カラーなど人気の脱毛サロンは予約が取れないため毛周期に合わせて通えません。客が多すぎて3〜4ヶ月後まで予約があっという間に埋まってしまい生理などで予約をキャンセルすると中々次の予約が取れないのです。家庭用脱毛器ならそんな心配なく毛周期に合わせて自分のペースで脱毛していくことができます。

理由3
Vラインは家庭用脱毛器でも十分効果が期待できる

フラッシュ(光)脱毛器というのは太い毛ほど効果が高いため、Vラインやワキの用に太い毛が生える箇所の無駄毛というのは脱毛効果の心配はありません。脱毛時の痛みもケノンの6連射を使えば殆ど痛みを感じることもないです。

理由4
脱毛サロンやクリニックで脱毛するより安い

脱毛サロンでビキニラインの脱毛をすると脱毛6回で約6万円、12回で10万円以上の費用が必要です。クリニックだとこの数倍の費用がかかります。家庭用脱毛器なら49,800円のLAVIEや77,600円のケノンがあります。脱毛サロンの脱毛も6回で綺麗になるわけではないため、トータルでみると10万円くらいの費用になるので家庭用脱毛器の方がコスパが良いです。

理由5
Vライン以外の無駄毛も綺麗に脱毛できる

費用とも関連しますが、家庭用脱毛器は当然のことながらビキニライン以外にも両ワキや脚、腕、指と自分の目の届く範囲ならどこでも脱毛できます。自宅でもエステサロンと変わらないレベルの光脱毛ができるのでオススメです。

【必見】当サイトで一番今読まれているコンテンツはこちら
ケノンを買ったので使用感や気になる脱毛時の痛み、脱毛効果を徹底検証!LAVIEなど他の脱毛器と比べてどうなの?
はじめて家庭用脱毛器の購入を検討している方必見!脱毛器の種類はどれがいいの?何を基準に選べばいいの?
各社脱毛器の欠点を徹底検証!
この脱毛器はここがダメ、こちらはここがダメ!

関連記事