毛抜き メリット・デメリット

脱毛器エピローグ

毛抜きのメリットとデメリット

ムダ毛処理に役立つアイテムの一つに毛抜きがあります。お店で販売している商品は数百円から千円以上するものまで種類も豊富なので、色々と比較して自分に合ったものを選びましょう。

 

メリット

毛抜きによるムダ毛処理のメリットは、頻繁に除毛処理をしなくて済むところにあります。個人差はありますが、ムダ毛を毛根から除毛するので、ムダ毛の再生期間である1〜2週間に一度のペースで毛抜き作業する感じで問題ありません。

 

デメリット

ムダ毛を一本一本抜いていくわけですから、根気のいる作業になります。長時間の作業を覚悟しなくてはいけないという点はデメリットと言えるかも知れませんね。

 

あとはどうしても毛抜きによる無駄毛処理では毛穴やお肌を傷める可能性が高いです。無理矢理毛穴の中で活動している毛を引っ張り出すわけなので負担になりますし、炎症を起こすこともしばしば。

 

もうひとつのデメリットとしては「埋没毛」になりやすいということです。
ターンオーバーを無視して毛を抜くので、毛穴が角質でふさがって次に生えてくる毛が出られなくなり埋没毛になる場合があります。

 

参考:危険!毛抜きで無駄毛処理するのは今すぐやめた方がよい理由

 

確かにお手軽だがリスクを把握していないと後悔する可能性大

カミソリでムダ毛処理をしたことがある人ならお分かりでしょうが、剃るというのは皮膚の表面に生えている毛だけを剃り落とすわけなので、毛が太く見えるようになります。

 

埋まっている部分は当然残りますし、剃ったあとの黒い斑点は決して美しいとは言えません。

 

その点では毛抜き処理の方が毛が太く見えることもなく、うまく抜ければ黒く点々とせずに見た目美しくなる場合もあります。

 

ただし、毛抜き処理で起こりやすい皮膚の炎症や埋没毛のリスクはやはり無視できません。

 

埋没毛や炎症がおきれば結局見た目も無残になりますので、基本的には毛抜きを使った無駄毛処理はNG。

 

家庭用脱毛器をわたしがオススメするのは無駄毛処理が楽になることもありますが、脱毛後の仕上がりがキレイになるからです。

 

毛穴も絞まって目立たなくなりますし、お肌もすべすべに変わっていく様子は一度味わうと快感です。

 

日頃の無駄毛処理がうんざりしている方であれば本当にケノン脱毛器はオススメですよ。

【必見】当サイトで一番今読まれているコンテンツはこちら
ケノンを買ったので使用感や気になる脱毛時の痛み、脱毛効果を徹底検証!LAVIEなど他の脱毛器と比べてどうなの?
はじめて家庭用脱毛器の購入を検討している方必見!脱毛器の種類はどれがいいの?何を基準に選べばいいの?
各社脱毛器の欠点を徹底検証!
この脱毛器はここがダメ、こちらはここがダメ!